お金を借りるとき逆の立場で考える

お金を借りるときには逆の立場で考えてみる

お金を借りるときに気になるのが、消費者金融などによって行なわれる審査に通るかどうかです

 

基本的には年収や職種などを基準に借り入れられる、最大の金額や利息などが決められますが
その数字は会社によって基準が異なりますし、対応した社員の判断によっても微妙に違いが出てきます

 

そもそも基準自体が一般に公開されていません

 

逆の立場で考えれば分かることが多いです

インターネット上のクチコミなどから、基準を類推することはできるでしょうが、あくまで推測に過ぎません

 

ではどのような申し込みをすれば良い条件で契約をすることができるのでしょうか?

 

さまざまな方法があると思いますが、逆の立場、つまりお金を貸す側の立場で考えてみることは効果的です

 

例えば、書類に小さな不備があったときのことを考えてみます

お金を借りる側から見ればちょっとのミスにしか感じないかもしれませんが、お金を貸す側から見れば
完璧な書類を提出した人に比べて警戒心を持ってしまうことは明らかです

 

また、消費者金融会社のウェブサイトで商品ラインナップを確認すれば
どのような客層にお金を貸していきたいのか?という思惑がおぼろげながら見えてくるはずです

 

お金を借りるときには、お金を貸す側の立場になって考えてみてはいかがでしょうか

お金を借りる際の利息の意味

お金を借りて返済をしていく際には、元金だけでなく利息も支払わなければなりません
この利息は何に対して支払っているコストなのでしょうか?

 

利息って何に対して払っているのか知っていますか?

お金を借りるという行為に伴うものであることから
お金に対して払っていると考える人は少なくないと思います
しかし、利息は時間に対して支払うことになるコストなのです

 

お金を借りることで、本来は未来に手にすることになるお金をすぐ手に入れることが可能となります
本来手に入れる時との時間差に対して支払うコストが利息の持つ意味です

 

このことを前提にすると、お金を借りる際に冷静な判断がしやすくなります

 

例えば、急な冠婚葬祭のために現金が必要になった場合
お金を借りなければ不義理をすることになってしまいます

 

その不義理を回避するために、利息というコストは安いか高いかで見てみれば
お金を借りるべきか否かの判断はしやすいでしょう

 

消費者金融のウェブサイトに行けば利息の計算は簡単にできるので
お金を借りる際には利息が得られるメリットに対して適切なコストなのかどうかをきちんと判断するようにしましょう

 

 

 

お金が足りないTOPへ戻る