お金借りる時の必要書類と電話確認

お金借りる時の必要書類と電話確認

お金を借りるときに必要な書類は、借りる会社や借りる金額によって異なります。
しかし即日にお金が必要なときに書類が足りなくて借りれなかった、ということにならないよう
必要な書類についてご説明します。

 

まず必要なのは身分証明証です

お金を借りる時の書類

運転免許証やパスポート、そうでなければ健康保険証は
必ず必要となりますから手元に用意しておいてください。

 

50万円以内の低額な借金であれば
身分証明証と記入した申込書があれば必要な書類は他にありません。

 

しかし、50万円以上お金が必要であれば、身分証明証とは別に収入を証明するものが必要となります
たとえば、消費者金融では総量規制があって年収の3分の1以上の金額を借りることができません。
その限度額を定めるためにも、収入を証明しなければならないのです。
源泉徴収票や給与明細など、自分の収入を証明できるものを用意しておきましょう。

 

書類の準備に不備があればお金を借りることができませんから
心配な方は借りる会社に必要な書類について確認すれば間違いを防げます。

 

 

 

電話確認について

 

キャッシングを申し込んだ時、その人の身元を確認するために用いられるのが電話確認です
会社に務めている方は、申込書に記入した会社の連絡先にキャッシング会社から電話が入ります。

お金を借りる電話確認って

キャッシングの申込みは現在、店舗に行かなくても
携帯電話やインターネットを通じて簡単に申し込めるようになりました。
けれど電話の確認は携帯電話やインターネットで申し込んだ場合でも、店舗で申し込んだ場合でも必ずあります
実際に申込書に記入したことに間違いがないかの確認となるのです。

 

 

電話確認のときはいろいろ質問されるわけではありません。

 

キャッシング会社は、申し込んだ本人が実際にその会社で働いているのか?
申込書に書いてある会社は実際に存在しているのか?を確かめたいだけです。

 

ですから電話確認の時に特に何かを聞かれるわけではありませんから安心してください。

 

電話確認が取れれば身元の確認が終了したことになります。
これは身元確認のために必要な手続きだということを理解しておいてください。

 

 

お金足りないTOPへ戻る